あなたの血液型は?実はダイエットと関係があります!

占いや性格診断などで関係性が高いと言われている血液型ですが、実はダイエットにおいても大きく関係しています。

それなら調べない手はないですよね?(笑)

スポンサーリンク

なぜ血液型がダイエットに関係しているのか

ルーツをたどると、まず最初に登場するのがすべての元となる「O型」。

O型は狩猟民族で、肉を多く食べていました。

次に登場するのが「A型」。

A型は農耕民族で、主に農作物を多く食べていました。

続いて「B型」。

B型は遊牧民であったことから、乳製品を多く食べています。

そして「AB型」ですが、農耕民族を遊牧民の特徴を併せ持っています。

上記のことから、血液型によってそれぞれその人の食生活に特徴があることがわかりますね。

・O型は肉類中心

・A型は農作物や穀物中心

・B型は乳製品中心

・AB型はA型とB型の特徴を併せ持つ

つまり、血液型による食生活の特徴を上手くダイエットに活かそうということですね。

ではいくつか例を挙げていきます。

「O型」の人

O型の人は、狩猟生活の中で肉を多く食べてきた名残を消化器官や免疫機能に残しており、動物性たんぱく質の吸収に優れています。

O型の人のダイエットには肉や魚介類といった動物性のタンパク質が豊富な食品がおススメです。

逆に農耕民族や遊牧民の食べ物の吸収や消化が苦手で、小麦や豆類などの穀物や、乳製品は体重を増やしやすい食品になるので避けた方がいいでしょう。

「A型」の人

A型の人は、獲物を追ってあちこちを転々と移動しながら暮らしてきた狩猟生活から農作物を育てて定住生活へ変化するにつれ、食生活も肉中心から穀物や農作物を多く食べるように変化していきました。

ですからA型の人は野菜や果物、豆類や穀物中心の食事がオススメです。

肉類や乳製品は吸収や消化が苦手で脂肪が蓄積されやすいので注意が必要です。

「B型」の人

B型の人の祖先は遊牧民といわれています。

遊牧生活は家畜のエサ場を探すためにある程度の期間で移動して生活をしていました。

そのため様々な食品に対しての消化機能が高く、一番太りにくい血液型とも言われています。

ダイエット中でも食品を気にせずに栄養バランスの摂れた食事ができそうですね。

ただ、穀物は苦手で代謝を悪くすると言われているので避けた方が無難でしょう。

「AB型」の人

AB型A型とB型の混合なので、それぞれの得意な食材、苦手な食材が当てはまるでしょう。

そしてカフェインも太りやすいと言われています。

まとめ

血液型ダイエットは海外セレブやモデルなどの栄養指導にも採用されています。

普段の食生活を見直すいいきっかけになるかも知れないので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする