【バランスの良い献立を】5色の食材を組み合わせた食事でカラーダイエット

男性はダイエットなど意識せずに外食をすると丼物やラーメン、中華などの「安くて早くて旨い」食事を好む傾向があります。

そこでバランスの良い食事をとる事が大切だとよく言われますが、バランスの良い食事ってどんな物を想像しますか?

自分に適した食生活がどんなものなのかわからないという方がほとんどだと思います。

今回はダイエットを始めたいけど、どんな食事メニューにすればいいかわからないという方のために、食材の色から考えた面白い栄養バランスの取れた献立の決め方をご紹介します。

スポンサーリンク

色でわかる食材の5つの役割

食事って味が美味しいのはもちろんですが、見た目も大事ですよね。

バランスのとれた食事には食材が持っている色が大きく関係してきます。

大きく分けると「白・黒・赤・黄色・緑」の5色で、それぞれに役割があります。

白い食材

白い食材には主に炭水化物が多く含まれ、ご飯や麺類などの主食が挙げられます。

ダイエット中においてはなるべく控えたい白い食材ですが、エネルギーの源であり、食事全体のまとめ役でもあるので、完全に断つのではなく量を調整して摂取することをオススメします。

さらに白には気分を落ち着かせる効果もあります。

黒い食材

黒い食材にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれているものが多く、キノコ類や海藻類などが挙げられます。

視覚的にも色の濃い食材は満腹感が得やすいといった効果もあり、ダイエット中には進んで摂取したいですね。

また、黒い食材にはアントシアニンが含まれているものが多く、血糖値を安定させたり、食欲を抑制する効果もあります。

赤い食材

赤い食材は動物性たんぱく質やアミノ酸などが多く含まれており、人参、赤ピーマン、鮭、肉類が挙げられます。

赤い食材にはカラダを元気にしてくれる効果があり、血液を作り、心臓の機能を高めてくれます。

そして皮膚や粘膜を健康を保ってくれます。



黄色い食材

黄色い食材はビタミンCやたんぱく質が多く含まれており、新陳代謝を高めてくれるので、カラダを温め血行を良くしてくれます。

柑橘類、とうもろこし、かぼちゃ、卵などが挙げられます。

緑の食材

緑の食材はビタミンやミネラルが豊富で疲労回復や免疫力強化の効果があります。

ほうれん草、小松菜、きゅうり、ピーマン、枝豆などが挙げられ、カロリーも低く食べごたえもあるのでできるだけ多く取り入れたい食材ですね。

他にも皮膚や粘膜を健康に保つ役割もあります。

5色の食材を上手く組み合わせた献立でバランスの良い食事を

このように食材の色によって食材に含まれる栄養やカラダへの効能が様々なので、買い物をしたり献立を考える際には食材の色で組み立てると栄養バランスの取れた食事へと繋がります。

これら5色の食材が一度の食卓で揃うと、見た目もキレイでバランスの取れた食事が摂れている優越感に浸れると思いますよ(笑)

まとめ

外食がちな方も毎日家で食事をとる方も意識して5色の食材を取り入れてください。

たったそれだけでバランスの取れた食事に繋がるので簡単ですよね。

これで献立に悩む心配もありません。

是非実践してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする