【デカ尻の原因と解消】大きなおしりを小さくする方法とは

「大きくてキャッチャー向きだね」

「どっしりとしてるよね」

そんな言葉は聞きたくない!

多くのデカ尻に悩む男性諸君、名付けて「デカジリアン」に、是非オススメしたい「デカ尻改消法」をご紹介します。

スポンサーリンク

Why!?お尻が大きくなる原因

先天的、生まれつきお尻が大きい人は一定人数います。

人間には、その人にあった骨格というのがあるので体が大きければ必然的に「骨盤」も大きくなります。

問題なのは、後天的に大きくなる人です。

これは、「骨盤のズレ・ゆがみ」「筋力低下」が原因で起こる事が主な原因です。

What!?骨盤が原因

骨盤は、仙骨(せんつい)・腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)の4つの骨が組み合わさって成り立っていて、私たちの体の上半身と下半身を繋ぐ重要な役割を担っています。

骨盤の中心に位置する「仙骨」をはじめ、、大腸や膀胱、女性なら子宮や卵巣といった生殖器や内臓を真守る「腸骨」などそれぞれ4つに異なる役割があります。

Why!?骨盤がずれる・ゆがむ原因

多くは、日常生活や体の動かし方が理由で起こります。どういったモノがあるのか以下にまとめてみました。

①イスに足を組んで座る

②カバンを決まった肩で担ぐ

③足を交差して立っていると楽

④立っている時片足に体重をかける

上記のような行動を日常的に繰り返していると、

骨盤がゆがむ、ズレる可能性が高いです。

重い書類が入ったビジネスバッグを肩にかけている方は特に要注意です。



Let’s!デカ尻を小さくしよう

「骨盤のゆがみ・ズレ」をなおすことで、お尻を小さくする事はできます。

ただ、それ以外にもいくつか方法がありますので、以下にて項目ごとに分けて紹介しましょう。

骨盤ゆがみ・ズレを改善する

散歩、通勤、買い物に行く時など、歩く時にには背筋を伸ばして歩きましょう。

肛門に力を入れる事を意識して歩くと効果的です。

これは、椅子に座る時なども同じことを意識することで同様の効果が期待できます。

より、しっかり治したいという人は、整骨院などに行って専門家に相談してみるのもいいでしょう。

お尻をあたためる

お尻は、脂肪がつきやすく皮下脂肪でもあるので冷えやすいです。

お風呂に湯をためてしっかりと浸かったり、仙骨をカイロで温める他、マッサージをして血行を良くしましょう。

これらを行うことで血行も良くなり、ダイエット効果も期待ができるのです。

お尻歩きをする

これは、先に紹介した2つの効果を併せ持つエクササイズです。

お尻を床につけ、座ったままの状態で、お尻を左右交互に動かし前進後進を繰り返すことで、お尻の筋肉量が増加し骨盤を正しい状態に保つほか、腹筋、背筋などのお腹周りの筋肉バランス良く使うので、ウエスト周り、背中周りのシェイプアップにつながります。

まとめ

今回紹介した内容は、日常生活で出来ることも多いと思います。

たるんだ大きなお尻を引き締めると足が長く見え、スーツ姿もバッチリ決まります。

自分の理想の体型を目指して試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする