肥満は病気になりやすい?心臓に及ぼす悪影響について

肥満になる原因には遺伝的な因子と環境的な因子がありますが、多くの場合は過剰なエネルギー(カロリー)摂取と運動不足が考えられています。

このような日常生活が原因で起こる肥満は、高血圧症や高脂血症などの生活習慣病を引き起こすリスクを抱えています。

特に心臓への負担が大きく、肥満の方の心臓病の死亡率は通常の体重の方の約1.5倍も高くなるという報告もあるんです。

スポンサーリンク

肥満が引き起こす心臓への負担

我々のカラダは多数の臓器や器官があり、血管を張り巡らせています。

心臓はそれらの臓器や器官へ血液や酸素、そして栄養分を搬送するポンプの役割を担っています。

普段、そんな事を意識して生活しているわけではないのであまり知られていませんが、血管は肥満細胞の内部まで毛細血管が行き届いています。

すなわち、肥満によってカラダが肥大化すればするほど毛細血管もその分長く伸びることになります。

これによって心臓は、今までより遠いところへ血液を送り届けるためにより激しい活動が必要となるんですね。

さらに、肥満によってカラダが肥大化するとその重みを支えている筋肉もその分エネルギーが必要となるので、血液中に含まれる栄養や酸素を全身に送るためにこれまた心臓は頑張らねばなりません。

こうして見ると、肥満によって体重が増えることは心臓により多くの仕事をさせてしまっているんですね。

心臓も無理をすれば病気になりやすくなります

肥満は心臓への負担を大きくして、心臓に関係する疾病を引き起こす原因となります。

肥満になると活動するためにより酸素を必要とするので、呼吸は荒くなり、心臓の動きも活発化するので脈拍も早くなります。

動悸や息切れがするといった方はこれらが原因なんですね。

そして、血液中のコレステロール・脂肪の濃度が高くなるとこれらの成分が血液中に溶け込み、血液がドロドロになってしまいます。

その結果、血管の壁に様々な物質が付着し、血管が狭くなることで動脈硬化を引き起こします。

この動脈硬化はとても怖い病気で、自覚症状がないので気づきにくい病気です。

「沈黙の殺人者」とも呼ばれているだけあって、重症化すると心筋梗塞を引き起こすことになります。

恐ろしいですよね。

病気から心臓を守るために気をつけたいこと

肥満の方は高血圧・高脂血症にもなりやすいということもあり、肥満でない方に比べて明らかに病気に対する高いリスクを持っていることになります。

このようなリスクを少しでも避けるためには肥満の予防・改善を日常生活の見直しから始める必要があります。

特に、食生活を見直すことが最も効果的です!

一日3回の食事を規則的に食べ、寝る2時間前に食事はすませることを心がけましょう。

さらに食事の際はゆっくりよく噛んで食べるようにしてください。

もちろん、食材に関しては栄養のバランスに注意して、アルコールも適量にすることも大切です。

ここまでの記事を読んで身の危険を少しでも感じた方は、将来の健康のためだと思ってさらに有酸素運動も取り入れてみましょう!

運動を習慣づけることはダイエットにおいてとても大きな武器になります。

ダイエットは健康なカラダを手に入れるためのものなので、できることから少しづつはじめていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする