肥満がもたらす体臭とその原因とは?

世の中のイメージでは「太っている人はにおう」、「デブは汗臭い」というイメージが当たり前のようにあると思います。

果たしてそれは本当なのか?

もし本当ならどのような対策を施せばいいのか?

今回は肥満と体臭の関係について検証していきます。

スポンサーリンク

太っている人の体臭はきつい?

太っている人はよく汗をかくイメージですよね。

実際、太っている方は汗をかきやすい傾向にあります。

そもそもなぜ太っている人は汗をかきやすいのか?

その汗が体臭の元となり、不快なニオイを発しているのか?

もっと掘り下げて説明していきます。

太っている人が汗をかきやすい原因

人間は生きていく中で、全身に血液を送ったり、手足を動かしたりしますよね。

その際に体内にはたくさんの熱が発生しています。

するとカラダは体温を一定に保つため、皮膚からその熱を体外に放出します。

ところが太っている人は、厚い皮下脂肪に覆われているせいで熱の放出を妨げられ、体内に熱を溜め込みやすいカラダなのです。

その結果、体温が上がってしまいカラダはその熱を下げようと汗を大量に出し、体温を下げようと働くわけです。



ニオイの原因は汗?

あまり知られてはいませんが、実は汗のほとんどは無臭です

お風呂やサウナで大量に汗をかいても全然におわないですよね。

もし汗に強烈なニオイがあったら銭湯やスーパー銭湯はこの世になかったことでしょう(笑)

しかし、汗をかくと臭くなる人がいる事は確かです。

汗そのものにニオイはありませんが、ニオイの原因は他にあるんです。

汗が付着した○○がニオイの原因

普段、裸で過ごしている人なんていませんよね(笑)

太っている人は基本的に脂っこいものを多く摂取している傾向にあるので、皮脂の分泌量が多いです。

皮脂の分泌量が多いと、それが毛穴につまり、汗をかく際にそれが細菌や雑菌となって衣服に付着した際にニオイを発します。

ニオイの原因のほとんどは湿った衣服に付いた汗から溶け出した皮脂による細菌や雑菌が発するニオイだったんです。

ニオイ対策

体臭はない方が絶対いいので、もし気になるようならすぐに対策をした方がいいです。

自分の知らないところで臭いと陰口を言われているかも知れませんからね。

ニオイの原因がわかったので、対策法は見えてきたと思います。

やはり肥満の解消こそが最大のニオイ対策になります!

それには適度な有酸素運動と、バランスの取れた食生活が大切です。

運動はなかなか時間を作るのも大変だと思うので、帰宅時に少し寄り道をするなどして30分程度歩く時間を作るようにしましょう。

食生活については、油っこいものや肉の脂身を極力避け、肉を食べる際は赤身の物を選ぶようにしましょう。

まとめ

肥満になると皮脂まじりの汗をかきやすくなり、衣服から嫌なニオイを発することがわかりました。

臭い服を着たいなんて人は誰もいないと思いますし、周囲に嫌な思いもさせているかも知れません。

ダイエットで皮下脂肪を減らすことが汗の対策にもなるので、食生活の見直しと適度な運動で脂肪と嫌な体臭とおさらばしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする