肥満だと危険度が約3倍に?血圧が高い人の2つの原因

生活習慣病に大きく影響がある高血圧症。

特に血圧が高い人は肥満であることが多いです。

その原因は何なのか説明していきます。

スポンサーリンク

肥満がなぜ高血圧症になりやすいのか

肥満の方は正常な方と比べ、約2倍から3倍高血圧症にかかると言われています。

ではそのはなぜなのか?

血圧が高い原因は2つありました

1.肥満の方に多い「早食い」が高血圧に深く関係しています

よく噛んで味わうことをしない早食いをする人は味の濃いものを求め塩分の摂り過ぎになります

体内に常に塩分が高い濃度で存在すると人間の身体はこれを正常な濃度に薄めようとします

水分を取り込んで血液を増やすことで薄めようとするのです

血管をホースに例えるとホースの太さは変わらないのに中を流れる水の量がドンドン増えて水圧が高くなっている状態です

こうして高血圧のリスクを抱えることになるのです

和食は醤油と砂糖のように塩分と糖分を同時に使って味付けをすることが多いために塩分の摂り過ぎは糖分の摂り過ぎを招きます

塩分を強くすれば糖分もその分強くしなければ味のバランスが取れなくなります

この事もさら肥満を加速させ高血圧に限らず健康に影響を与えるのです

2.体重が増えること自体が高血圧のリスク

ある人が20kg太ったとします

20kg太った後も前と同じ血流を人体は確保しようとするのです

同じ長さのホースで急に遠くに水を飛ばさなくてはならなくなるのと同じです

妊娠した女性が一時的に高血圧になることがあるのはこのためです

先ほど挙げた早食いですが、怖さはこれだけではありません

よく噛んで味わった時に比べると満腹を感じにくいのです

私たちの脳がもう充分食べて満腹になったと判断するまでに最低20分は時間がかかります

早食いをすることで脳がこの判断を出来なくなるのです

早食いから大食いが始まり肥満がますます進行して高血圧のリスクもより一層大きくなるのです

肥満も原因?ダイエットで改善したい高血圧症!
ダイエットと言えば食事制限や運動! こんなことを考えるだけでストレスを感じる人が多いのではないでしょうか。 私もその一人...

高血圧症は重症化するまであまり自覚症状がない

高血圧そのものには症状は余りありません

それどころか見た目もエネルギッシュで力強い方が多いので男性なら頼り甲斐がありそう貫禄があって良いなどと良いイメージを持たれます

ですが高血圧を放置しているとどうなるかを肥満の方に考えて欲しいと思います

無理な圧力を加えて使い続けたホースはいずれ破けます

血管にも同じことが起きるのです

破けた血管がもし脳の血管だったら脳卒中になります

こうなると命の危険あります

命が助かったとしても重い後遺症が残ることをご存知でしょうか

半身麻痺が残る方もいますし言語障害が残り家族とのコミュニケーションが不自由になってしまう方もいます

症状も軽く目立った後遺症も出ずに全快したと思ってもそれだけ傷んだ血管はまた次の病を引き寄せてしまうのです

高血圧が引き寄せる病は一生を左右します

ただの肥満と軽視しないで真剣に自分の身体と向き合って欲しいです

若いうちから気をつけて改善することが大事

まだ若いから大丈夫と思わないで下さい

若い頃積み重ねで将来が決まるのですから

高血圧症を含めた生活習慣病の最大の原因は「不健康な生活習慣」です。

栄養バランスの取れた食事を摂り、適度な運動を行うことをこころがけていくことが心身ともに健康になる特効薬です。

できることからでいいので生活習慣を見直していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする