肥満も原因?ダイエットで改善したい高血圧症!

ダイエットと言えば食事制限や運動!

こんなことを考えるだけでストレスを感じる人が多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

しかし、お腹がぽっこりしていたり、健康に不安が出てきたらどうでしょう。

自分に何かあったらと考えると、家庭がある方もこれから家庭を持ちたいという方も家族には迷惑をかけたくないと思いますよね。

今回は肥満が引き起こす様々な病気の中から「高血圧症」についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

「高血圧症」になるとどのような症状が現れるか

みなさんは家に血圧計はありますか?

おそらくこれまであまり病気にかかってこなかった方は持っていないと思います。

ということは自分の血圧の数値が今どれくらいなのか意識もしていないはずです。

高血圧症になると、階段の上り下りだけでなく、少し走るだけでも異常なほど息切れがします。

そして高血圧症が長期化すると、動脈硬化になってしまい、血管が破れやすくなったり血管の中が細くなり血行の流れが悪くなります。

それが脳の血管に起こると脳卒中になりやすくなるなど、死に直結する大きな病気にも繋がります。

心臓に起こる合併症は、心筋梗塞や狭心症です。

どれも怖い病気ですよね。

肥満だと危険度が約3倍に?血圧が高い人の2つの原因
生活習慣病に大きく影響がある高血圧症。 特に血圧が高い人は肥満であることが多いです。 その原因は何なのか説明していきます...

「高血圧症」は早期の対策が必要です!

ここまでみると、高血圧症が原因で起こる病気には恐ろしいものが多く、放っておくわけにはいきません。

高血圧状態が続くと健康に様々な影響をもたらします。

私自身もかつては高血圧症でした。

とても怖い病気だと自覚してから、通勤時は階段を使わない、湯船でマッサージをするなど、できる範囲で対策を施しました。

食生活面ではオニオンスライスとトマトをとにかく食べましたね、当時テレビ番組でこの二つの食べ物は血をサラサラにすると特集されていたからです。

すると、みるみるうちに血圧は下がり、同時に体重も減っていきました。

血の循環が良くなったことで基礎代謝が上がったからでしょう。

ただ、高血圧が原因で体調がひどい場合は病院にかかったほうがいいです。

重症化すると命の危険も伴いますからね。

喫煙者は特に気をつけましょう!

ご存知ない方もいるかも知れませんが、喫煙も高血圧症の原因になります。

喫煙中はずっと血圧は上がったままです。

喫煙によりなぜ血圧が上がるのかというと、ニコチンが副腎髄質を刺激することで、アドレナリンやノルアドレナリンというホルモンがたくさん分泌されるからです。

最近、喫煙者の間で人気の「iQOS」ですが、ニコチンは含まれています。

血管にとって、タバコは百害あって一利なしです。

長期的な喫煙は、狭心症や心筋梗塞のリスクが上がりますので、徐々に禁煙するように心がけたいですね。

それができれば苦労しないと言われそうですが、一箱400円以上払って健康を害しているなんて、色んな意味で損しているとおもいませんか?

最近は喫煙スペースも少なくなりましたし、自分の健康を考え、家族やお子さんのいる方は特に禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

高血圧ひとつとっても、合併症や原因、恐ろしいことがたくさん潜んでいます。

今一度、自分の健康を考える機会を設けた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする