【酵素は何にいい?】酵素がもたらす体への効果や効能

「酵素が体に良いらしいよ」

「酵素ドリンクはダイエットに効果があるよ」

テレビ番組や雑誌でよく紹介されることが多い「酵素」

あなたは酵素についてどこまで知っていますか?

今回は、この酵素がどういう理由で体に良いのか、一体どういうモノでどのようなダイエット効果があるかをご紹介します。

スポンサーリンク

What!?酵素とは一体なに!?

酵素自体は、タンパク質からできている物質です。

私たちが食事をした際に起こる体内での消化吸収や、運動を行った時にでる汗などの代謝など、様々な生体反応に必要な物質です。

息をしたり筋肉を動かすなど、一切の生命活動に関与しています。

つまり酵素は命の源なのです。

Why!?酵素はどんな効果があるの!?

酵素を正しく摂り入れることで、ケガの治癒や風邪の予防、基礎代謝のアップによる太りにくいカラダ作りに繋がり、健康・ダイエットに効果が期待できます。

There type!酵素には種類と働きがある!

「酵素」には大きく分けると2つの種類があります。

まず、食べ物から栄養を吸収してエネルギーを作り出しくれいる「消化酵素」

次に摂り入れた栄養を利用して、風邪や擦り傷などの病気やけがを、自己治癒に向かわせる「代謝酵素」

というモノがありこれらの総称が「酵素」となります。

これら2つは私たちの体の中にあり「潜在酵素」とも呼ばれています。

また、食物に含まれている「酵素」は、「食物酵素」と呼ばれ、名前の通り食品に含まれている「酵素」の事です。



These Food!酵素が含まれる食品たち!

果物や野菜、発酵食品には酵素が含まれているモノが多くあります。

では、どういった食品に酵素が含まれているかを具体的に紹介します。

果物・野菜類

果物ではパイナップル、キウイ、パパイヤ。

野菜でキャベツ、大根などになります。

これらの食品には消化酵素が多く含まれていています。

また、これらの消化酵素を多く含む食品は、火を通さず生で食べることが大切です。

消化酵素は熱によって壊されてしまいますので、フルーツジュースを作る時などは、パワフルなジューサーを使用しないようにするなどの注意が必要です。

発酵食品類

納豆、味噌、たくあん・キムチといった漬け物、ヨーグルトなどがあります。

納豆はそのままご飯と一緒に食べることが出来ますし、味噌は魚の西京焼きや、味噌汁に。

漬け物を普段あまり食べないという人はサラダにマンネリを感じた時に食べると美味しさが再発見できるかも知れないですね。

ヨーグルトは、砂糖不使用のモノを選ぶことでダイエット時にも食べることが出来ます。

まとめ

酵素は、私たちの体に欠かすことの出来ない大切なモノです。

今回紹介した食品を日常的に摂り入れ健康なカラダを手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする