ロカボと糖質制限の違いは?ダイエット効果も違うの?

最近、「ロカボ」という単語が流行りつつあります。

名前を聞いてもピンとこない、そんなの前から知ってるという人にもおすすめ。

知って得するダイエット「ロカボ」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「ロカボ」って一体ナニ?

「ロカボ」とは、食・楽・健康協会が提唱している適性な糖質摂取の事であり、登録商標です。

2016年6月には、「美味しく楽しく適性糖質=ロカボ」の更なる認知度向上のため「ロカボマーク」が発表されています。

普通の糖質制限とどう違うの?

どちらも炭水化物などの糖質を減らして血糖値の上昇を改善・予防するというのは同じなのですが、糖質制限ダイエットは、「糖質」を減らすという事に重点を置き、どんな種類を減らしてどうコントロールしていくのかが曖昧でした。

そのために極端な食事制限になる事も多いです。

ですが、「ロカボ」は1食の糖質摂取量を20g~40gという適性糖質基準を定め、無理なく日常生活を送りながら行います。

お肉、魚、何でも食べていい!

「ロカボ」には、これといって制限する食材等はありません。

普段、お米と一緒におかずを食べている人はお米の量を減らす工夫などは必要ですが、おかずはむしろ増やして食べても大丈夫です。

分かりやすくいうと、白米の茶碗1杯(150gあたり)の糖質は約60gです。

それを半分にするだけ。

おかずを一切減らす必要がないので、ストレスなくダイエットを継続させることができます。



「ロカボ」のダイエット効果

カロリーは同じでも、糖質が違うと食後の血糖値には大きく差が出ます。

この食後に上がる血糖値は「食後高血糖」といい、心臓病や脳卒中を引き起こす原因にもなりますが、「ロカボ」によって防ぐ事が可能です。

また、糖質を減らす事で体重減少の効果も期待できます。

【ロカボ(糖質制限)が話題】ダイエットの実践法と効果について
最近雑誌やテレビで特集が組まれるほど注目されている「ロカボ」。 気になったので調べてみました。 ロカボって何? 緩やかに行...

「ロカボ」で気を付けたいポイント

「ロカボ」で、大事なことは、血糖値を上げないことです。

その為には、ゆっくり食べてよく噛む事を心懸けましょう。

これをするだけで、血糖値の上昇をより効果的に抑えることができます。

また、炭水化物は糖質の他に、食物繊維も含まれています。

もし気を使いすぎて炭水化物を控えすぎた時などは、納豆や生野菜などの食物繊維が豊富な食品を摂りましょう。

まとめ

特に制限する事もなく、糖質という点に気をつければいくら食べても大丈夫なダイエット。

糖質制限というとキツい印象ですが、ロカボなら気持ち的にも余裕を持ってダイエットに挑めそうですよね。

こんなに素敵なダイエット、早速明日から実行してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする