ダイエット中でも食べたくなる!肉の太りにくい食べ方

ダイエット中はお肉は控えるべきかなあ、なんて思っている人も多いのでは?

お肉は食べると消化に時間がかかりますから、当然だと思います。

でも、食卓に毎日肉がないなて考えられませんよね。

スポンサーリンク

痩せる体づくりに肉を食べることは必要!

お肉のイメージとしては「肉→高カロリー→太る」と思いますよね。

でも心配はいりません!

むしろ食べ方さえ気をつければ、お肉を食べることでダイエット効果を得ることができます

僕自身、食卓に肉がない食生活なんて考えられません。

そこでどのようにお肉を食べれば太らずダイエット効果を得ることができるか説明していきます。

赤身肉と筋力トレーニングで脂肪燃焼効果UP!

「楽して痩せる!」とは言ってもやはり多少の運動は必要です。

筋肉を車のエンジンで例えてみると、エンジンが大きな車ほどより多くのガソリンを消費しますよね?

筋肉も同じで筋肉量が多くなれば多くなるほどよりたくさんのエネルギーが必要となります。

そのエネルギーを作り出すのが「脂肪」です。

つまりエネルギー(脂肪)をより多く消費させるには筋肉をつけちゃえばいいんです!

そこで筋肉を作るためのタンパク質が豊富な赤身肉を食べることで、よりエネルギーを消費するカラダを作ることができるのです。

さらに赤身肉自身にも脂肪燃焼効果があるL-カルニチンという栄養素が含まれているのでダイエットにもってこいの食材ですね。

もし、お肉をガンガン食べたいと思うなら、ガンガン筋肉をつけちゃってください(笑)

逆に筋力トレーニングや運動をせずに筋肉が落ちてしまうと、燃費が悪くなり脂肪がつきやすくなるので、気を付けましょう。

ダイエットに効果的な肉のおすすめ調理法

お肉ってどんな調理しても美味しいですよね。

そこでダイエット効果を高めるためにひと工夫加えてカロリーをカットしていきましょう。

焼く

焼いて調理するなら、グリルや網を使えば熱で余分な脂が溶けて落ちていきます。

油もなるべくひかない方がいいですね。

茹でる

お肉を茹でたり煮ることで余分な脂を落とすことができます。

その際に出たアクはしっかり取り除きましょう。

糖質カットのため、甘い味付けは控えた方がいいです。

蒸す

こちらも余分な脂が溶けて落ちていきます。油も使わないのでヘルシーですね。

なるべく控えたい「ごはんやパン」

肉料理を食べるとやっぱりごはんやパンが食べたくなりますよね。

むしろ、ないと寂しい。

食べるなとは言いません!

ただ、余分な炭水化物や糖質は体脂肪となって体に蓄積されていく栄養素です。

もし我慢できない時には、昼にガツンと食べるようにしましょう。

活動量の多い昼間なら夜までに十分エネルギーとなって消費されます。

まとめ

ダイエット中でもお肉の栄養素は必要であり、食べ方や食べるタイミングを工夫すれば太ることなく痩せるカラダが作れます。

適度な筋力トレーニングや運動を絡めて実践してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする