間食OK!食べて痩せる!リバウンドしないカラダ作りを

ダイエットをする上でもっとも怖いともいえるのが「リバウンド」。

すべての努力をチャラにしてしまいますからね。

そうならないためにも対策を練ることが大切です。

スポンサーリンク

実際に体験したリバウンドしないダイエット法をご紹介

極端な食事規制は、途中でギブアップしてしまったり、痩せた後にリバウンドしてしまったりと、失敗するパターンが多いかと思います。

なので今回、僕も実際に実践して減量できた、食べながら痩せられる方法をいくつかご紹介したいと思います。

糖質制限ダイエット

糖質は生きていく上でとても大切な栄養素ですが、現代の食生活において糖質の摂り過ぎが肥満の大きな原因になっています。

炭水化物は糖質を多く含んでいるので、ゴハンや麺類、パン類を好む方は多少の我慢が必要になります。

糖質を多く含むものさえ食べなければ、お肉を食べても良いですし、多少量を食べても大丈夫なので主食の量を減らして野菜中心のおかずの量を増やすといいですね。

間食ダイエット

これは意外だと思いますが、実はダイエットにおいて間食をすることは良いとされているのです。

理由としては血糖値を一定に保ち、筋肉が分解されるのを防いでくれるからです。

血糖値は急激に上がると脂肪増加の原因になるので、血糖値を一定に保つことはとても重要です。

そして筋肉は、空腹時間が長びけば分解してエネルギーになってしまいます。

筋肉は基礎代謝を高める重要な役割を果たしてくれるので、間食をして空腹時間を作らないことが大切です。

ただ、完食の度にガツガツ食べてしまうと逆効果なので、あくまでも小腹を満たすという事を意識してください。

サラダダイエット

間食ダイエットと同じ仕組みで、食事の際、山盛りのサラダをまず最初に食べてから、他のものを食べるようにします。

生野菜中心のサラダは、咀嚼回数が増えて満腹中枢を刺激するので、他の食べ物を口にする前にある程度の満腹感を得られます。

カロリーも少なく、食物繊維を多く含むので、消化の働きも助けてくれます。

その際に、暖かい飲み物を一緒に飲むと内臓の働きを助けてさらに消化を良くしてくれるのでおすすめです。

生野菜がおすすめなのですが、毎日食べるのは飽きると思いますので、蒸して温野菜にするなどの工夫をしてみてもいいと思います。

食べながらのダイエットはリバウンドしにくいんです

これらのダイエット法は食べながら痩せる方法なので、体重が減るスピードはゆっくりめで、すぐに成果が現れるものではないかも知れません。

ただ、太りにくいカラダ作りをするという考えでのぞめば、長続きしますし、モチベーションの維持にもつながります。

私はお腹を凹ませたくて実践していたので軽い腹筋運動と併せて行っていました。

その結果、3か月ほどでパンツのサイズも1サイズ下がり、見た目もスッキリしました。

そして、先日受診した健康診断においても腹囲・体重共に変化なしでした!

食べながらのダイエットは貧弱な痩せ方ではなく健康的に痩せられます!

是非一度お試しあれ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする