【安村も痩せた】おかゆダイエット法と簡単なおかゆの作り方

何となく「ダイエットをしなくては」と思っていても運動は長続きしない

体重は減らしたいけど断食などのツライ食事制限は続かない。

そのような方はおかゆダイエットがオススメです!

おかゆは低カロリーな上に、水分を多く含んでいるので少量で満腹感が得られます。

スポンサーリンク

おかゆがなぜダイエットに効果的なのか

おかゆと言えば風邪をひいた時や病院で食べる物という印象ですが、とてもダイエットに向いている食べ物なのです。

冒頭でも触れましたが、その理由について説明していきます。

ごはんと比べて低カロリー

男性が通常食べるご飯1膳のカロリーが約240キロカロリーに対して、おかゆは約100キロカロリーです。

摂取するカロリー量が減ればそれだけ太るリスクが低くなるのは当然

炭水化物の代表格ごはん白米おかゆ変えるだけで、かなりのカロリー減になります

少量なのに満腹感が得られる

おかゆは水分をとてもたくさん含んでいます。

水分を多く含んでいるので消化・吸収もとても早く、血糖値が上がりやすいので少量でも満腹感が得られやすいです。

カラダを温め基礎代謝量UP

カラダを温めてくれるおかゆは内臓にも優しく、結構も良くなりますので基礎代謝も活発になります。

その結果カロリーの消費量もUPします。



レンジを使ったおかゆの簡単な作り方

めんどくさがりな方でも簡単に作れるおかゆの作り方を紹介します。

ご飯100グラム、水100ccを丼茶碗に入れ軽く塩をふります

ラップをして600wで3分間チ温めます

3分経ったら3分間そのまま蒸らします

完成♪

たったこれだけで簡単におかゆが作れます。

おかゆダイエットの注意点

おかゆは先述の様にカロリーの削減をする事が出来ますがその摂取量が増えては意味ありませんのでそこは注意したいところです

またおかゆは消化も早いのでお腹が空く時間も早まり間食をしてしまいがちです

この辺りを注意しなければ逆効果なんて事にもなりかねません

飽きてきたらおかゆの代わりに雑炊を

おかゆは朝食には良いのですが、毎日となると味気なく飽きがきやすいです

そんな時には味がしっかり付いていて、野菜や鮭などの具材を使った雑炊で代用しましょう。

当然その雑炊に入れる具材によってはカロリーにも差が出てはしまいますが、白米と比べればグッとカロリーは抑えられます

最近では一人用の雑炊の素もありいろいろな味を食べる事が出来るのでお手軽です

卵と具材一つか二つで作る雑炊は美味しく計画通りダイエットが出来そうな気分になります

まとめ

食事は楽しみという事もあるので単に減らすなんて事をしたら精神的に疲れてしまいます

ダイエットにも逆効果

結局いつもと食べている量は変わらないけど結果カロリーを減らせるというのが一番効果的だと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする