【3日で別人に!?】週末プチ断食ダイエットの効果的な方法!

痩せたい理由は人それぞれです。

カッコよくなってモテたい、このままだと病気になってしまう、ただの趣味だという方もいるでしょう。

ダイエットにも色々な方法があって、長期的に食生活の改善などでゆっくり痩せる方法、運動をガンガンして一気に痩せる方法など様々です。

そんな中から「どうしても数日のうちに体重を減らしたい」、「すぐにウエストを少しでいいから絞りたい」、「でも週末しか時間がない」といった方にピッタリのダイエット法、プチ断食」について紹介します。

スポンサーリンク

プチ断食とは?

断食は一定期間、一切の食物を断つ宗教的行為のことですが、プチ断食はそこまで極端なことはしません。

断食と聞くと飲まず食わずできつくてツラいイメージですが、プチ断食の最大の目的は人間自身がもっているチカラを目覚めさせ、体重や脂肪を減少させることで、そのために必要なものは口にできます。

プチ断食にも様々なやり方がありますが、今回は仕事が忙しくて休みの日しか時間がないという方におススメの方法をご紹介していきます。

3日でできるプチ断食

プチ断食でもっともオーソドックスなのが3日間で行うプチ断食です。

正しい方法で行えば安全で無理なくダイエット効果が得られます。

逆に言えば、間違った方法で行うと体調を崩したりリバウンドしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

そうならないためにも3日間で行うプチ断食の流れをここから詳しく説明していきますね。

一日目:プチ断食の準備

プチ断食は二日目が本番です。

本番前から徐々に食事の量を減らし、カラダを慣れさせる必要があります。

朝食・昼食は普段通りでも構わないので、夕飯は普段より少量で済ませ、水をたくさん飲んでデトックス効果を増大させましょう。

そうすることでプチ断食がはじまるとカラダに意識させます。

二日目:プチ断食本番

さあ、プチ断食本番です。

このダイエット法はこの二日目が少ししんどいです(笑)

固形物は一切口にせず、意識して水を飲みましょう(1日2リットル以上)。

野菜ジュースなどであれば口にしてもいいですが、市販の野菜ジュースは意外と高カロリーなものが多いので注意してください。

プチ断食は内臓を休ませることも目的なので、この間にたっぷり休ませてあげましょう。

三日目:プチ断食回復期

ここからは普段通りの食生活に戻すために、徐々にカラダを元に戻してあげる作業です。

朝食はおかゆなどの消化にいいものをゆっくり時間をかけて食べ、昼食は普段の半分程度の量で済ますようにしてください。

そしてお待ちかねの夕食ですが、お腹いっぱいご飯を食べたい気持ちを抑えて腹八分目で済むよう、噛み応えのある食材を使った食事をよく噛んで食べてください。



プチ断食の効果

プチ断食によって期待できる効果は次の3つです。

  • 脂肪の燃焼
  • お通じを良くする(デトックス効果)
  • 新陳代謝アップ

正しい方法でプチ断食をすれば体脂肪が燃焼されやすいカラダになり、体重を減少させることができるので三日間だけは何とか耐えてくださいね。

プチ断食後の食生活は?

プチ断食後は我慢していた食欲が爆発するかも知れませんが、そこでドカ食いをしてしまっては断食をした意味がなくなってしまいます。

それにせっかく休ませた内臓に大きな負担がかかってしまうので、腹八分目程度に抑えるのが最適です。

リバウンドしにくい状況を作ってやりましょう。

まとめ

プチ断食は正しい方法で行えば必ず体重が減ります。

一度だけでなく、食べ過ぎた時や飲み過ぎた時など、カラダが重くなってきたなあと思った時に行えば効果的です。

短期間で一気に痩せたい時は是非このプチ断食を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする