【手作りの踏み台で】昇降運動ダイエットのやり方と効果

20代はいくら食べても太ることなかったのに、30代に突入した途端、一気に体の衰えと共にやってくるのが、そう、中年太り(笑)

僕もそうでした。

ダイエットをしようと、ジョギングを初めてみても、ジムに通いだしても結局続かず、仕事が忙しくなって時間も取れなくなり、結局ダイエットも中途半端に終わってしまって風呂場の鏡の前でため息を付いてしまうなんてこともしばしば(汗)

今回はそんな僕でも続けられ家でできる簡単ダイエット運動を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

究極の簡単ダイエット「雑誌で手作り踏み台ダイエット」

やり方は超簡単、家にある雑誌を積んで段差を作り、そこを昇り降りするだけの運動です。

「本当にこれがダイエットになるの?」

と疑問になる方もいるかもしれませんが、階段の昇り降りと同様、なかなかカラダに負荷がかかっています。

この昇り降り運動のカロリー消費の値を見ると、通常のウォーキングの1.5倍のカロリーを消費してくれます。

日常生活に取り入れるだけ!

何よりこの運動がいいのが、とにかく「簡単」で「どこでも」できることです。

私の例でいうと、洗面所と、リビング、キッチンの3箇所に昇り降り用の雑誌の山を設置しています。

ここでのポイントでは日常の生活の中で、とにかくよく行く場所に設置することです。

朝起きて歯を磨く時に

歯を磨いている間、何も意識していなければぼぉ~と突っ立ったままですよね。

その時間を有効活用して運動の時間にしてしまいます。

寝ぼけたカラダを目覚めさせる効果もあって一石二兆です。

テレビやスマホを観ながら

リビングでただ昇降運動だけを黙々とこなすだけでは飽きがすぐにきます。

テレビを観たりスマホで調べモノをする時間に一緒にすれば時間を忘れて思った以上に長時間、運動していることもあるのでリビングには是非1セット設置したいですね。

料理をしながら

これは献立にもよりますが、煮込む系の料理(カレーや煮物など)を作った時なんかに昇降運動を取り入れると効果的です。

仕込みが終わり、10~15分煮込むタイミングで一緒に時間を測って運動できますからね。



簡単な運動なら習慣化しやすい

とにかくダイエットを続けるコツは、「簡単に続けられること」。

つまり自分の中で「これならできる」と思えるダイエット法を確立することが大切です。

一日の生活習慣の中でルーチン化してしまえばヤル気があろうがなかろうが自然とダイエットに繋がる行動をとっていることになるので太りにくい生活習慣であると言えますよね。

僕の場合、スーツがきつくなったことがきっかけで昇降運動を始め、1ヶ月で2キロのダイエットに成功しました。

小さなことからコツコツと

西川きよし師匠の座右の銘でございます(笑)

ダイエットをしたいからジョギングを始める、ジムに通う、そう思える人や行動に移せる人はもちろん実践するべきだと思いますし、効果も出やすいでしょう。

しかし、簡単なようでなかなか行動に移せないのがダイエット。

ジョギングやジム通いはそれなりに時間も決意も必要になるので、まずは小さな積み重ねと成功体験を積むことからはじめましょう。

まとめ

ダイエット界で一番簡単な「ながら運動」である家で出来る昇降運動。

これならできるかもって思ってもらえたら幸いです☆

手作りなのでコストもかからないので是非一度試してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする