睡眠が原因で太りやすいカラダに?正しい睡眠で痩せやすいカラダを作る!

アメリカの肥満学会では「睡眠時間が短い人ほど太りやすい傾向がある」と発表されています

実は睡眠中にもカロリーは消費されており、正しい睡眠法だと一晩で300キロカロリーを消費しているのです。

これは1ヶ月分に換算してみると、脂肪1キロ分にあたります

スポンサーリンク

間違った睡眠のとり方が太りやすいカラダを作る

一晩で300キロカロリーを消費していると言いましたが、これはあくまで体内に蓄積されたエネルギーがゼロの場合で、就寝前までに消費しきれない食事や間食を摂ってしまうと、睡眠中に必要なエネルギーはその食べ物から優先的に取り込まれてしまいます

つまりカラダに蓄積された脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです

カラダが消費しきれなかった余分なカロリーはどうなるかというと、そのまま脂肪へとカタチを変え、肥満に繋がりやすくなってしまいます

睡眠中のカロリー消費は行われずダイエット効果も得られなくなってしまいます

それではどうすればいいか考えていきましょう!

睡眠中のカラダのメカニズム

睡眠中は成長ホルモン」働いています

このホルモンが働いてるおかげで体内のカロリーが消費され、脂肪を燃焼したり代謝を促す効果があります

その効果を最大限に活かすためには、「12時から6時の間は必ず寝ていること」がポイントとなります

ではこのホルモンがどのような働きをしているのか説明します。

成長ホルモン

成長ホルモンは名前の通り人間の成長を促すホルモンです

カラダ全ての器官や組織の発達に関与し健全な新陳代謝を促してくれます

成長ホルモンは睡眠中新陳代謝を促して脂肪を燃焼させる働きがあるので、成長ホルモンの分泌量を高めれば代謝が良くなり、その結果脂肪を燃焼させることに繋がるので痩せやすい体質になるんですね。

成長ホルモンは深い睡眠時に分泌のピークを迎え、それは「眠りはじめてから3時間後」に訪れます

もちろん3時間の睡眠では疲れも取れませんしストレスも溜まってしまいますので、成長ホルモンの効果を最大限に活かすためにも更かしは控え十分に睡眠をとることが大切です

正しく睡眠をとると食欲抑制にも繋がります

ホルモンの中に食欲を増進させる「グレリン」というホルモンと、逆に食欲を抑える「レプチン」というホルモンがあります。

グレリンとレプチンは互いにバランスをとっており片方が減ると片方が増えるように分泌されています

食欲を抑えてくれるレプチンが増えれば痩せやすい体質になり食欲を増すグレリンの方が増えれば太りやすい体質になるんですね

カラダのメカニズムとして、睡眠不足になるとレプチンが減少し逆に食欲を増すグレリンが増えるようになっているので、グレリンを必要以上に増やさないためにも睡眠時間をしっかり確保することは重要です

まとめ

気持ち的にも起きている時間はつい何かを口にすることが多いので睡眠時間はちょっとした断食時間となっています

摂取カロリーを抑えることができれば起きている間は代謝でカロリーを消費してくれているので太ることはありません

十分に眠ることができれば食欲を抑えるホルモンの働きを抑えることができるので、ダイエット中においてはとても大切なことです。

睡眠と密接に関わってる様々なホルモンを効果的に働かせるために睡眠時間の確保は私たちの生活では特に重要なので意識して生活してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする