【夜ヨーグルトが注目!】ヨーグルトダイエットの驚きの効果

美容や健康に良いとされているヨーグルトですが、ここ数年はますます注目を集めています。

ヨーグルトと言えば整腸作用や乳製品なので骨に良い印象ですが、最近ではダイエット食品としても有名になってきました。

今回は美味しくてダイエット効果があるヨーグルトの力をより引き出す方法を伝授したいと思います。

スポンサーリンク

まずはヨーグルトの選び方を伝授

ヨーグルトには様々な種類があり、それぞれ栄養価も違います。

スーパーやコンビニに置いているだけでもかなりの種類がありますよね。

では、ダイエット向きのヨーグルトはどう選べばいいのか。

それはズバリ「ガセリ菌SP株」と呼ばれる乳酸菌が含まれているものです。

ガセリ菌SP株の秘めたダイエット効果とは

ガセリ菌SP株なんて聞いたことありましたか?笑

ほとんどの方はこんな乳酸菌があるなんて知らずにヨーグルトを食べていたと思います。

ガゼリ菌は元々私たちの腸内に存在していて、ビフィズス菌と並ぶ代表的な善玉菌です。

ガゼリ菌がもたらすダイエット効果としては内臓脂肪低減効果をはじめ、コレステロールの低下などが研究でわかっています。

ダイエット効果以外にも免疫力アップにより病気に強いカラダになったり、ストレスの軽減にも役立ち、さらには筋トレの効果も高めてくれるので健康面にもとても良いとされています。

【筋トレの効果を高める】筋トレ後に「ヨーグルト」がオススメなわけ
気温も上がり、薄着になる機会も増えてきましたね。 そうなるとやはり気になるのは「体型」です。 冬場にたっぷり溜め込んだ脂肪、その...

夜のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる

夜寝る前に食べると太りやすいなんて話、聞いたことありませんか?

なぜかというと腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」が22時~翌2時にあるからなのです。

このタイミングでヨーグルトを食べると、ヨーグルトに含まれる栄養がしっかりと体に吸収されるため、さらなるダイエット効果が期待できるんです。

ただ、ヨーグルトにもカロリーが含まれているので就寝時間に合わせて食べる時間を早めるなど、寝る直前に食べないように工夫も必要です。



さらに高い効果を得るならホットヨーグルトがオススメ

やはり冷えた物を食べるより温かい物を食べた方が吸収力はアップします。

作り方も簡単で、ヨーグルト100mlに蜂蜜・水をそれぞれ大さじ1杯を加えて混ぜ合わせ600Wで1分程度温めるだけ。

温めることでカルシウムの吸収力が高まるだけでなく、代謝もアップするのでダイエット効果がグンとアップします。

ヨーグルトダイエットの注意点

ヨーグルトダイエットは太りにくいカラダを作るダイエット法ですが、ヨーグルトだけを食べ続けていればいいというものではありません。

やはり基本となるのは普段の食生活や生活習慣であり、そこへヨーグルトを取り入れていくことがとても重要なのです。

まとめ

ヨーグルトはとても栄養が豊富で、整腸作用やダイエット効果にうってつけの食品です。

だからといって食べ過ぎると太ってしまうので、正しい知識とやり方でヨーグルトダイエットにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする