管理人が厳選!人気加圧シャツランキングはこちらから!

筋肉が脂肪を燃やす?筋肉をつけて体の代謝を高めよう!

運動

「ダイエットがしたいのに筋肉をつけてしまったら、その分体重が増えちゃうんじゃないの?」

 

なんて思っていませんか?

 

いえいえ、筋肉は脂肪を燃やしてくれるんですよ。

その結果体重もきちんと落としてくれます。

 

それに筋トレによってボディラインも美しくなります。

ダイエットがしたい方は、まず筋トレから始めるべきです。

 

ここでは、ダイエットに繋がる筋トレ方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋肉が代謝を高め、脂肪を燃やすのはなぜ?

代謝がいい=基礎代謝が高いことを意味します。

基礎代謝とは安静にしていても消費される必要最低限のエネルギー量のことをいいます。

 

実際、一日中寝転んでいても生きるために心臓が動き、呼吸のために肺が動き、さらに体温の維持のためにエネルギーを使います。

 

こうした、筋肉や心臓、脳などの基本的な活動量を表すのが基礎代謝量です。

基礎代謝を意識的に上げるためには、筋肉を増やせばいいのです。

代謝を高めるにはどの筋肉を鍛えればいいの?

人には約600個の筋肉が存在しています。

そのすべての筋肉を鍛えるのは大変です。

 

そこでどの筋肉を鍛えれば効率的に代謝を高められるのか、それは「大きな筋肉群」をまず鍛えることです。

「大きな筋肉群」の代表的なもの

・大胸筋(だいきょうきん)=胸部の筋肉
・広背筋(こうはいきん)=背部の筋肉
・腹筋
・大殿筋(だいでんきん)=お尻の筋肉
・大腿四頭筋(だいたいしとうきん)=太ももの前側
・ハムストリングス=太もも裏側
・ヒフク筋とヒラメ筋=ふくらはぎの筋肉

これらの筋肉群を鍛えることによって基礎代謝をあげることができます。

効率的に代謝を高める筋肉別!筋トレ法を紹介!

腹筋以外は10回を1セットとして、3セットくらいまでできるように増やして行きましょう!

 

もちろん、最初から全部やる必要はありません、出来ることからやっていってください。

大胸筋

ひざをついた状態での腕立て伏せです。

腰幅とほぼ同じ広さになるように両ひざをついて、四つん這いになります。

背筋をまっすぐに保ったまま、ひじの曲げ伸ばしを行います。

広背筋

うつ伏せになり両腕を前方に伸ばします。

上体を床から少し浮かせ、両腕を横からゆっくり引き下ろして、また前方へ伸ばし戻します。

これを繰り返します。

腹筋

うつ伏せの状態から両ひじを曲げて床につきます。

両ひじとつま先を支点に、身体全体を床から浮かせ、そのまま30秒、呼吸を繰り返しながらキープします。

大殿筋とハムストリングス

うつ伏せになり、片方の足を直角になるようにひざを曲げて、かかとが天井を向くようにします。

 

そのままの姿勢を保ち、かかとを天井に向けてゆっくり上げて下ろす運動を繰り返します。

ひざから先が常に床に対して垂直になるようにします。

大腿四頭筋

スクワットです。

足は肩幅より広く、お尻がすっぽりと収まる程度に開きます。

 

爪先とひざを同じ方向にし、胸をはります。

ひざを少し曲げた状態からスタートします。

 

お尻を後ろに突き出すイメージでしゃがみます。

この時、太ももと床が平行になるように、ひざは90度に曲げましょう。

ヒフク筋とヒラメ筋

直立の状態から爪先立ちになり、ゆっくりかかとを床に戻していく運動の繰り返しです。

まとめ

基礎代謝を高めることが目的ならば、大きな筋肉を鍛えることは、それほど激しいトレーニングは必要ないのもメリットです。

 

筋トレの初心者であっても、継続していれば簡単に筋肉量を増やすことができます。

 

成果が出るまでには個人差はありますが、週に2~3回のトレーニングを続け、約2週間後に効果が現れてくることが多いようです。

 

一度効果が見えてくると、モチベーションが上がり、続ける意欲もわいてきます。

 

根気強く継続してこその成果です!

諦めずに無理をせず、少しずつ進めていくようにしましょう。