【腸内フローラ?】肥満の原因は腸内細菌が大きく関係しています

あなたは「腸内フローラ」が何なのかご存知ですか?

私世代の人間だと、「フローラ」と聞くと、某超有名RPGに出てくる金持ちのお嬢さんを思い浮かべてしまいます。

当然、何の関係もないのですが(笑)

そんな話はさておき、今回は健康やダイエットにとても関係がある「腸内フローラ」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

What!?腸内フローラとは!?

私たちの体、その中でも腸内には様々な種類の細菌、いわゆる「腸内細菌」があります。

その細菌を顕微鏡で覗いた際に見える様子が、まるでフローラルな植物がお花畑のように群生しているように見えることからこのように呼ばれているんだとか。

このお花畑が乱れてくると腸内環境のバランスが崩れ、肥満病気の一因になるのです。

腸内フローラにはデブ菌と呼ばれる太りやすくなる菌がいるため、腸内環境を整えてデブ菌を減らすことが痩せやすいカラダに繋がります。

腸内フローラの改善は美と健康の維持にとても深い関係があるんですね。

関連記事⇒【腸内環境を整える】デブ菌を減らしてヤセ菌を増やす腸内改善法

Ally!善玉菌は腸内フローラの心強い味方!

腸内フローラの改善をするには、善玉菌が大きな鍵を握ります。

というのもの、腸内の菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つに分類されています。

これらの菌は、それぞれがバランスを保ちながら存在しているのですが、このバランスが崩れ、悪玉菌が増えると、体調が良くない状態になってしまいます。

逆に、善玉菌が増えることで、腸内フローラが改善されるのです。

理想的な比率は、善玉2:悪玉1:日和見7の状態が最も良いバランスだと言われています。

 increase!善玉菌を増やす方法

前文でお伝えした通り、善玉菌を増やすことで腸内フローラは改善されます。

そして、この善玉菌を増やすには、善玉菌が含まれている食品を食べる事と、善玉菌を増やす働きをする成分を取ることなんです。

要は、善玉菌を食べちゃえば良いんです(笑)

どんなものを食べたらいいのかは次の項目で紹介しましょう。



These Food!善玉を増やすのはコイツ(食品)達だ

私がオススメする「こいつら食べれば大丈夫リスト」をご覧下さい。

穀物、芋類、海藻など

これらの食品は食物繊維は豊富に含み、悪玉が作った有害物質を体に出してくれるだけでなく、善玉の栄養源にもなるのですよ。

他には、干しシイタケ、切干しダイコンといった乾物や、オリゴ糖をたくさん含んだゴボウなんかもおすすめです。

大豆、バナナ、ミルクなどなど

この食品達は、オリゴ糖が豊富に含まれています。

オリゴ糖は、善玉の栄養源にもなり、増殖を促してくれる成分なので、積極的に摂ることをおすすめします。

これら以外にも、タマネギ、ゴボウ、アスパラガスなんかも、オリゴが豊富な野菜なので是非お試しを。

ただ、あまりに取り過ぎると、腸内が活発になりすぎ下痢の原因になったりもするので、気をつけましょう。

まとめ

腸内フローラについて少しはおわかり頂けたでしょうか?

デブにならない、痩せるために腸内環境を整えることが大切です。

腸内フローラを改善し、理想とするボディを手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする