【乳酸菌の特徴や性質】腸活にかかせない乳酸菌の驚きのパワー

最近何かと話題の乳酸菌

腸内環境を整えてくれるのはもちろんのこと肥満を防いでくれたり、免疫力を高めて病気からカラダを守ってくれるなど、腸活において様々な効果が期待されています。

今回はそんな未知の可能性を秘めた乳酸菌について、ダイエットや健康維持にどのように活かすことができるのかさらにチェックしていきます。

スポンサーリンク

乳酸菌の特徴や性質

乳酸菌は代謝によって乳酸を作り出す細菌類の総称で、糖類やアミノ酸、ミネラルなどを利用して作られます。

種類も数百種類あるといわれ、大きく分けると動物性と植物性のものがあり、動物性ではヨーグルトやチーズなどの乳製品、植物性では納豆などの発酵食品に多く含まれており、納豆などに含まれる植物性の方が酸や熱に強く、生きたまま腸に届けるのには効率がいいとされています。

また、アルカリや酸に弱い乳酸菌を守る耐酸性カプセルで種類豊富な乳酸菌を閉じ込めたサプリメントも人気で、気軽にすぐ腸活が始められます。

乳酸菌革命

乳酸菌と言えばお腹に優しいというのはもちろんですが、他にも様々な効果があり、

「そんなことまで改善できちゃうの?」

というようなものまであるんです。

こんな人にオススメ

・下痢や便秘で悩んでいる

・ストレスが溜まっている

・インフルエンザやノロウイルスからカラダを守りたい

・花粉症やアレルギー対策がしたい

・血圧、血糖値を下げたい

・内臓脂肪を減らしたい

腸内環境だけでなく、乳酸菌はカラダ全体に優しいことがわかりますね!

【関連記事】⇒【市販のヨーグルト選びに】各メーカーの種類や乳酸菌・効果まとめ

乳酸菌の効果とおすすめの乳製品

数百種類ある乳酸菌から注目を集めている代表的なものをいくつかご紹介します。

スーパーやコンビニで簡単に手に入るものも併せてピックアップしてみました。

ビフィズス菌

「乳酸菌といえばビフィズス菌」というイメージが付くほど有名なビフィズス菌ですが、その効果は腸内を酸性に保つことで病気からカラダを守ってくれます。

カラダにとって良い働きをしてくれる善玉菌を助けることで腸内細菌のバランスを整えてくれるからです。

腸の活動を活発にしてくれるので、特に便秘解消に良いとされています。

ラブレ菌

京漬物「すぐき」から発見されたラブレ菌ですが、腸まで生きたまま届く生命力の強さとカラダの免疫力をアップさせてくれる効果があるのが特徴です。

生きたまま腸まで届くと悪玉菌の増殖を抑えてくれるので、善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

その他にもコレステロール値を減少させる効果や、アレルギー対策としても注目されています。

ガセリ菌

ガセリ菌は様々ある乳酸菌の中でも、日本人にとても相性が良いとされています。

元々日本人の腸内から見つかることが多く、摂取後なじみやすいとされているからです。

その中でもCMでおなじみのガセリ菌SP株はダイエットにも効果があるとされており、内臓脂肪を減らす機能があります。

他にもラブレ菌と同じく腸まで生きたまま届きやすいので腸内環境を整えてくれることや、インフルエンザなどの感染症から身を守ってくれます。

乳酸菌は種類を多く摂ると効果アップ

自分が求めている効果が得られる乳酸菌をピンポイントで摂取するのもいいと思いますが、腸内環境は人それぞれ違うので合う乳酸菌と合わない乳酸菌が存在します。

せっかく乳酸菌を摂取し続けていても相性が悪いものだと本来の効果が得られないまま、なんてことも。

健康維持を目的とするなら多くの種類の乳酸菌をバランスよく摂取することで、乳酸菌が持つ驚きのパワーを実感できることでしょう。

種類を多く摂るなら「乳酸菌革命」がオススメ!

乳酸菌のサプリメントは様々なメーカーから数多く販売されていますが、とにかく多くの種類の乳酸菌をバランス良く摂るなら「乳酸菌革命」があれば何もいりません。

先ほど紹介したビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌の3大乳酸菌を含めた計16種類の乳酸菌がバランス良く、贅沢に配合されているんです。

他のサプリメントを摂取する必要がないのでお腹にも経済的にも優しいですね(笑)

詳しくは公式HPをご覧ください。

乳酸菌革命

さいごに

乳酸菌は薬ではないので、摂取したからといってすぐに効果が現れるとは限りません。

毎日の積み重ねが大きな効果を生むので、うまく日常生活に取り込んでいきながら摂取を続けていく必要があります。

日頃から乳製品が好きでよく食べているなら色々な製品を試しつつ、自分に合ったお気に入りを見つけてください。

逆に乳製品が苦手な方は、水さえあればどこでも乳酸菌を摂取できるサプリメントがあるので一緒に腸活ライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする