【おすすめのフルグラ朝食】牛乳以外の美味しい食べ方5選

ダイエットはもちろんのこと、美容や健康にも良い「フルグラ」

スーパーやコンビニで必ず見かけるほどの大人気商品です。

牛乳をかけるだけですぐに食べられ、それでいて美味しいので忙しい朝にピッタリ。

しかし、いくら美味しいとはいえ毎日同じ食べ方では当然飽きてしまいますよね!

そこで今回は普段のフルグラの食べ方に少し変化を加えた牛乳を使わないフルグラのおすすめの食べ方を5つご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめのフルグラ朝食レシピ5選

個人的にはやはり牛乳で食べるのが一番美味しいとは思いますが、さすがに毎日同じ食べ方だと飽きますし、そもそも牛乳が苦手だという方もいると思います。

ダイエットも食事も変化がないとやはり飽きてしまいますよね。

そこでフルグラに相性抜群の食材を組み合わせてフルグラ朝食に変化をつけていきます。

ヨーグルト

これも牛乳と同じくらい王道の食べ方ですね。

牛乳にはない酸味が加わってとても美味しいです。

味だけでなく香りに変化を付けるのもポイントですね。

さらにヨーグルトに含まれる乳酸菌には風邪の症状を緩和したり、インフルエンザなどの感染症予防、中性脂肪の燃焼効果があるものまであります。

目的にあったヨーグルトと組み合わせれば健康維持やダイエットにも効果的です。

市販のヨーグルトの乳酸菌の効果についてはこちらを参考にしてみてください。

豆乳

豆乳とも相性はピッタリです。

見た目は牛乳と変わりませんが、牛乳が苦手な方や牛乳を飲むとお腹を下しやすいといった方にオススメです。

多少の変化があるだけでも気分を変えるには十分です。

はちみつ

昔懐かしの麦菓子のような感じになります。

作り方もただ適量をかけて混ぜるだけ。

おやつ感覚で食べることができます。

はちみつは料理にも使えますし保存もきくので、お徳用サイズを買っておいて常備しておくのもいいですね。

コールスローサラダ

スーパーでよく見かける使いきりのコールスローサラダ。

前日に使いきれなかった残りがあればフルグラとドレッシングをかけて朝食にしちゃいましょう。

意識高い系女子の朝食のようなメニューに早変わりです(笑)

コールスローサラダだけでもなかなかの噛み応えがあるので、フルグラと合わせて食べれば咀嚼回数も相当なものになるはずです。

青汁

これが意外と美味しいんです!

僕もネットで見た時は「ウソだろ?」って思いました。

でも食べてみるとフルグラ抹茶味(風)になります。

口コミで知ったのですが、青汁を牛乳や豆乳で溶かして、それをかけると抹茶ラテ風になるので是非試してみてください。



そもそもフルグラって何?という人に


フルグラとはカルビー社の登録商標で、オーツ麦・ライ麦などの穀物を主原材料としたグラノーラにドライフルーツを混ぜたフルーツグラノーラです。

特にダイエットにおいて普段の朝食をフルグラに置き換えることをおすすめします。

その理由は次の通りです。

噛み応えがあって目覚めが良くなる

独自製法によって他のシリアルに比べ噛み応えがあり、満腹中枢を刺激してくれます。

噛む回数を増やすのはダイエットの基本ですよね。

シリアルやグラノーラのサクサク感って歯を通じて心地よく骨に響くので個人的に大好きです(笑)

さらにあごを良く動かすことで血流を良くし、脳が活性化されて目覚めが良くなるんです。

目覚めが良いと活動的になるので、エネルギー消費の増加も見込めます。

とにかくすぐに食べられる

器にフルグラを移して牛乳などをかけるだけですぐに食べられます。

これならどんなにめんどくさがりでも作れますよね。

朝起きて天気予報をチェックしてる間に朝食が済むなんてことも(笑)

簡単に食べれて美味しいフルグラはバタバタしがちな朝にピッタリです!

健康に良い

日本人は食物繊維が不足しがちと言われていますが、フルグラ1食分(50グラム)あたり4.5グラムの食物繊維が含まれており、これはバナナ4本分に相当します。

食物繊維は整腸作用だけでなく血糖値の上昇を抑えてくれ、コレステロール濃度を低下させてくれます。

さらに塩分量が少なく、フルグラ1食分(牛乳200ml含む)に食塩は0.5グラムしか含まれていません。

これは一般的な喫茶店でのモーニングセット(約2.2グラム)、牛丼チェーンの朝定食(約4.1グラム)と比べるとかなり少ないです。

1食につき「50グラム」は厳守すること

ダイエット効果が期待されているフルグラですが、決してカロリーが低いわけではありません。

フルグラ1食分のカロリーを見てみると50グラムあたり223キロカロリー含まれています。

これに組み合わせる食材のカロリーが加わりますので、ご飯1膳分のカロリーを上回ることにもなります。

しかし、フルグラに含まれる栄養素によるダイエット効果がとても絶大なのでメーカーが推奨している「1食50グラム」さえキチンと守ればダイエット効果を高めてくれます。

まとめ

フルグラに限らず同じものを毎日食べるのは厳しいものがあります。

視覚・味覚・嗅覚に与える刺激を変えてやれば飽きもこず、継続してダイエットを続けることが可能になります。

ダイエット中の朝食は早くて美味しいフルグラを是非オススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする