会社の健康診断の結果で肥満と判定された時に気をつける事

健康診断は毎年受けていますか?

働き盛りな男性は普段、病院にかかる機会もあまりないので自分のカラダの状態を知る上で健康診断を受けることはとても大事です。

会社勤めの方であれば会社が負担してくれるので受けない理由がないですよね。

健康診断では自分のカラダの状態を数値でわかりやすく判定してくれます。

その結果「肥満」と判定されてしまったら重症化する前にすぐに改善が必要です。

そこで今回は健康診断で肥満と判定されてしまった時に取るべき行動について紹介していきます。

スポンサーリンク

適正な摂取カロリーを知る

なぜ太ったのか、それは摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることが原因で消化しきれなかったエネルギーが蓄積されていき、脂肪となって身になっているからです。

日頃の生活の中で、必要な1日の摂取カロリーは体重1キロ当たり約30キロカロリーだと言われています。

あくまで目安ですので、デスクワークなど活動量が少ない仕事の方は少なめに、体力仕事の方は多めと調整も必要にはなりますが1日の適正摂取カロリーを意識して生活することが肥満解消のために必要となってきます。

バランスのとれた食事を

ただ摂取カロリーを減らすだけではなく、栄養バランスのとれた食事に変えていくことが大事です。

食事は一日3食きちんととるようにしましょう。

理想的なメニューは、

朝:エネルギー源であるご飯やパンやたんぱく質

昼:腹八分目にして軽く

夜:野菜中心で食物繊維を多く摂り、脂肪や糖分を控えめに

これらを基本に、なるべく間食や夜食を摂らないようにします。

https://diet-mens.xyz/syokusyukan/



皮下脂肪を減らし、減量する

皮下脂肪は内臓脂肪と違って落としにくい脂肪です。

摂取カロリーを減らすことが基本となりますが、同時に筋トレや運動によって消費カロリーをアップさせることも必要になります。

運動によって筋肉が付いてくると基礎代謝量もアップし、痩せやすいカラダになっていくので皮下脂肪を効率良く落とすなら是非運動も取り入れるべきです。

中性脂肪を下げたいあなたに!食事と運動ダイエットで改善
健康診断を受けると必ずといってもいいほど測る「中性脂肪」の値。 みなさんはこれがどんな脂肪のことなのか気になったことはありませ...

リバウンドしないカラダ作りを

ダイエットを始め、減量に成功しても一時的なものだと意味がありません。

適度な運動と食事量を守ればカラダは自然と適正体重に近づいていきます。

手帳に今日一日どこで何を食べたのかを書き綴るなどして食生活を管理すれば、食生活に乱れが生じた時にすぐ気づくことができるのでオススメです。

間食OK!食べて痩せる!リバウンドしないカラダ作りを
ダイエットをする上でもっとも怖いともいえるのが「リバウンド」。 すべての努力をチャラにしてしまいますからね。 そうならな...

まとめ

健康診断の結果数値は健康の目安です。

正常値から逸脱している項目はすぐに改善することが重症化予防に繋がります。

肥満解消に最も効果的なのは適度な運動と食事量です。

健診結果を受け取ったらすぐに内容を確認し、自身の生活を振り返るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする