【値段以上の効果は?】乳酸菌ショコラと普通のチョコレートの違い


最近、ずっと気になっていたチョコレートがありまして、ロッテから発売されている「乳酸菌ショコラ」です。

乳酸菌といえばヨーグルトなどの乳製品のイメージですが、それをチョコレートに配合するとは斬新な商品だなと(笑)

CMでも紹介されている乳酸菌ショコラですが、普通のチョコレートとどう違うのか調べてみました。

スポンサーリンク

乳酸菌ショコラの特徴

乳酸菌ショコラの特徴は何といってもチョコレートの中に乳酸菌が配合されていることです(笑)

ズバリそのままですが、これに尽きます。

乳酸菌は元々熱や酸に弱く、生きたまま腸に届きにくいのですが乳酸菌ショコラはチョコレートの消化の悪さを活かして乳酸菌を包み込み、腸まで生きたまま乳酸菌を運んでくれます。

乳酸菌から得られる効果を高めるには生きたまま乳酸菌を腸まで届ける事がとても効率的なので画期的な商品ですよね。

乳酸菌ショコラに含まれている乳酸菌とは?

乳酸菌には数百もの種類がありますが、この乳酸菌ショコラにはその中から選び抜かれた「ブレビス菌T001」が含まれています。

「ブレビス菌T001が含まれています」って言われても「はあ?」って感じですよね(笑)

ブレビス菌T001とは、京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見された植物由来の乳酸菌で、健康面に様々な効果をもたらしてくれます。

別の記事で紹介した「ラブレ菌」もすぐき漬けから発見された乳酸菌なので、ブレビス菌T001とは兄弟みたいなものですね。

【関連記事】⇒【乳酸菌の特徴や性質】腸活にかかせない乳酸菌の驚きのパワー




ブレビス菌T001にはどんな効果があるのか

この乳酸菌は健康面で多くの良い効果をもたらしてくれます。

まずは免疫力を強化させる効果。

この効果によって様々な病気からカラダを守ってくれます。

さらにこの乳酸菌には整腸作用肥満を抑制してくれる代謝改善効果やプリン体分解活性など、様々な効果が発見され話題になっています。

病気に強くなり、腸活までできてダイエット効果まで得られるなんて得した気分になりますよね。

食物繊維も一緒に摂れちゃいます

チョコレートにはカカオ由来の食物繊維が含まれているので、不足しがちな食物繊維も乳酸菌と一緒に摂れちゃいます。

食物繊維には便通が良くなるなどの整腸作用があるので、乳酸菌の整腸作用と併せてW効果が期待できますね。

乳酸菌ショコラのラインナップ

乳酸菌ショコラには現在6種類の商品が販売されています。

  • 乳酸菌ショコラ ミルクチョコレート
  • 乳酸菌ショコラ ビターチョコレート
  • 乳酸菌ショコラ アーモンドチョコレート
  • 乳酸菌ショコラ アーモンドチョコレートビター
  • 乳酸菌ショコラボール
  • 乳酸菌ショコラ デイリーパック

内容量から見た値段は一般のチョコーレートと比べるとやはり高い値段設定ですが、乳酸菌がどこでも手軽に食べられるというメリットがあります。


気になる味は?

いくらカラダに良くてもやはりチョコレートはお菓子ですから美味しくないとなかなか手が出ませんよね。

乳酸菌が配合されているので「少し酸っぱいのかな?」と勝手に想像していましたが、全然そんなこともなく見た目も味も良い意味で普通のチョコレートでした(笑)

乳酸菌は摂り続けることで効果が現れやすくなるので、ヨーグルトだけでなく乳酸菌ショコラも常備しておくと心強いですね。

ダイエット中、甘い物が食べたくなった時におすすめです!

まとめ

巷では腸活がブームですが、腸活に欠かせないのが乳酸菌。

その乳酸菌がいつでもどこでも摂れるのが乳酸菌ショコラの良いところですよね。

ヨーグルトを常温で持ち歩くのは難しいので、通勤や旅行のお供には最適ではないでしょうか。

今後も乳酸菌ショコラのようなお菓子が販売されてくれればいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする